行事・活動

東京大学薬学部創立50周年

2008年05月23日(金) | コメント(0)
~3世紀にわたる薬学の歩み~
更新日 2008.5.23

平成20年4月25日(金) 350名が参加して盛大に開催されました。

薬 学部は、1958年(昭和33年)4月1日に医学部から薬学科が分離され、薬学部薬学科となることで創立され、本年でちょうど50周年を迎えました。これ を記念し、4月25日(金)午後2時より、帝国ホテル本館3階「富士の間」において、東京大学薬学部創立50周年記念式典が開催されました。

当日は、天候にも恵まれ、当初の予想を超える325名の名誉教授、OB、関係省庁や製薬企業関係者の方などにご参加いただき、会場は満員となりました。

式典の冒頭で挨拶する杉山研究科長

式 典は、杉山雄一薬学系研究科長・薬学部長の開会挨拶に始まり、浅島誠理事・副学長、清水潔文部科学省高等教育局長、高橋直人厚生労働省医薬食品局長、照井 恵光経済産業省製造産業局次長、柴田承二東京大学名誉教授、飯野正光東京大学医学系研究科副研究科長、庄田隆日本製薬工業協会副会長、児玉孝日本薬剤師会 会長、堀内龍也日本病院薬剤師会会長、長野哲雄日本薬学会会頭の順に来賓から祝辞が述べられました。

引き続いて、記念講演会が催され、金澤一郎日本学術会議会長による「日本の医療を支える医学と薬学」ならびに柴﨑正勝前薬学系研究科長・薬学部長による「21世紀の医薬品合成」の講演が行われました。

満員の式典会場

講演中の金澤日本学術会議会長

午後5時30分より本館2階「孔雀西の間」に場所を移して祝賀パーティーが行われました。広い会場でしたが、立錐の余地もない盛況でした。薬学部の歴史や現況に関するスライドショーの流れる中、祝賀パーティーも大いに盛り上がり、午後8時頃、盛会裡に終了しました。

「孔雀西の間」での祝賀パーティの様子

パーティーで挨拶する岡村東京大学理事・副学長

御 礼

本記念行事の開催につきましては、多数のご参加をいただき、また多大なご寄付を賜りましたことを御礼申し上げます。おかげさまで、盛会裡に終了することができました。東京大学大学院薬学系研究科・薬学部の教職員一同、心より感謝申し上げます。

祝賀行事には不参加で、記念品(写真下:記念誌およびUSBメモリー)をお申し込みいただいた方に発送いたしました。
 
<祝賀行事に関するお問い合わせ先>
東京大学薬学部副事務長(新川)
TEL:03-5841-4755

コメントする